上に戻る
お問合せ

草津東高等学校からの感想文

先日、滋賀県立草津東高等学校で講演させて頂きました。
その感想を送って下さったので、ここに投稿させて頂きます。
ワクチン後遺症を押して講演させて頂いてよかったです。感動してしまいました。

 

3年生人権教育講演会(パレスチナ・アマル)の感想抜粋・写真

 ・やりたいと思ったことを行動にできるところがすごいと思った。私もやりたいことは挑戦していきたいです。

・「人生やったもん勝ち!」成功する前にあきらめてしまっては失敗しか残らない。自分はこれから、この言葉をモットーに頑張っていきたいです。すばらしいお話ありがとうございました。

・パレスチナ刺繍とてもきれいでした。ポーチ買います。

・今回の講演は、将来のことについて考えている今の私にとって、とても感慨深いものでした。先生は刺繍を通じてパレスチナにかかわる仕事をされていますが、私は看護を通じて難民や紛争にかかわる仕事をしたいと思っています。先生のように諦めずに必ず成功させてみせます。

・記世実さんの自分の好きなことをとことんやる姿勢がすごくかっこよかった。そして、「どの大学に行くか」ではなく「何を学ぶか」という言葉が印象に残った。私も自分の将来について、自分には何ができるか、もっと真剣に考えようと思った。

・私は誕生日の親からもらうプレゼントをまだ決めていなかったので、パレスチナ刺繍のポーチを買ってもらいたいなあと思います(^_-)-☆

・北村さんの話を聞いて、難民問題にはいろんな方向からアプローチできるんだなあと思いました。そのためには、まず知識をつけることや疑問を持つことが大切だと気付きました。

・パレスチナ刺繍、いつか購入してみたい。パレスチナガザの女性たちと世界をつなぐパレスチナ・アマル。なにかしら応援していけたらいいなあと思う。

・パレスチナ問題には以前から少し興味があったので、今回の講演を楽しみにしていました。現地の動画などを見せていただいて、自分が想像していたよりも現地の人の表情が明るかったのが印象的でした。

・この講演を聞いて、パレスチナの人々はとてもホスピタリティーに満ちていて、すごく優しい人だったので、とてもいい場所だと認識が変わりました。機会があれば行ってみたいと思いました。

・お金や食糧支援で助けることは一時的な解決にしかならず、現地の人が自立して尊厳をもって生活できるようになるためには、やはり職が必要であることは、自分にとって新たな発見だった。自分が得意なところで社会や世界に貢献するための視野を広げることができ、すばらしい講演でした。

・行動力と志の強さに憧れます。パレスチナ刺繍すてきです!機会があればクラウドファンディングにも参加してみたいです。

・私は国際関係に興味があり、世界の悲惨な出来事を知るたびに「自分も何かしたい~」という気持ちになります。北村さんのように「自分には何ができるか?」をよく考え、実行に移せるようになりたいと思います。

・パレスチナ愛が伝わってきて、将来少しでも自分のできることでパレスチナ人やパレスチナ問題を解決したいと思いました。

・何かに強い興味を持て、実際に行動に移していろんなことを経験することができるほうが、有名な大学に進学して大企業に就職して、安定した変わり映えのない人生を送るよりずっと良いと思えました。先生の活動を応援しています。

・北村さんのような行動力や強い意志を持った人になれるように、自分もがんばります!

・パレスチナの現状だけでなく、なぜ紛争が起こっているのか、歴史的な背景からわかりやすく説明してくださったので、理解しやすかったです。陽気な人たちの暮らしを写真で知ることができ、紛争の中で虐げられている国だと、知らないうちに偏見の目で見ていたことに気づかされました。

関連記事一覧

  1. ICJ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP